バリ島のおすすめ旅行・観光地
新婚旅行で行ったリゾート地・バリ島



バリ島までの距離

私は都内に住む30代会社員男性です。
私は先日、新婚旅行でインドネシアのバリ島に1週間ほど行ってきました。

バリ島は東南アジアの楽園といわれていることから、世界中の人々の憧れの地であり、バカンスなどで訪れる人が後を絶たないようなリゾート地として知られています。

そこで、私は私がそんなバリ島へ行って感じた実体験を元にバリ島の魅力を紹介しようと思います。
バリ島は人口世界第4位のインドネシアのバリ州に属するこの島は日本から約4000キロ離れており、1時間ではあるものの時差も発生します。

私たちは成田空港から「エアアジア」に乗り、乗り継ぎはせずにバリ島の「ングラライ空港」まで約7時間の飛行時間を経て到着しました。

バリへの飛行機はいくつか出てはいるものの、「できるだけ安く」ということを考えるならエアアジアをオススメします。
ただ、東京発の便は朝早いので場合によっては前泊するなどの工夫は必要だし、エアアジアはLCCなので食事も出ません
そういった懸念点はあげられますが、往復の飛行機代だけであれば取るタイミングにもよりますが、5万円前後で取得できてしまいます。

エアアジア


バリ島到着

年中夏の季節であるバリ島のングラライ空港に到着し、現地の独特の雰囲気を感じながら私は市内へ向かったのですが、空港自体が市内に位置しているので中心地までタクシーでわずか15分ぐらいで到着してしまいます。

外国ではよくある風景かもしれませんが、空港にはタクシーの客引きが数多くいます。
しかし、いわゆる「ぼったくり」にあう可能性もなきにしもあらずなので、それを懸念するのであればスマホアプリの「Grab」を使うことをオススメします。

私自身も旅の最中に何度も利用しましたが、あらかじめGrabをダウンロードしておくととても便利だし、あらかじめ値段が提示されているのでぼったくり被害にあうこともなく安心できます。

世界中から観光客がやってくるのでホテルもいくつもありますし、現地で手配することも可能ですが、日本語が全く通じず、東南アジア特有の独特な英語を話すインドネシア人とのコミュニケーションに不安があるようであれば日本で事前に取得していくのがよいでしょう。

「クタ」とよばれる場所が街の中心であり、1番にぎわっている場所です。
私はホテルでのチェックインを済ませ、早速街にくりだしました。


絶景のビーチ

「クタビーチ」「レギャンビーチ」というビーチがクタの代表的なビーチであり、絵に描いたような「青い海と白い砂浜」が広がっています。

世界最大級のリゾート地というだけあり、マリンスポーツは全てあるといっても過言ではありません。
日本で出発前に予約することもできますが、割高になります。

ビーチでは「当日レンタル」が至るところであります。インストラクターもいるので、レッスンを受けながらマリンスポーツを楽しむことができます。
「今までしたことはなかったけど、せっかくリゾート地に来ているのだから」という初心者の方でも全く心配入らないというのが嬉しいところです。

私たちもインストラクター付きでサーフィンに初チャレンジしましたが、だいたい3時間で日本円にして1人2500円ぐらいでした。
そのほかにもスキューバダイビングやシュノーケリング、フライボード、カヤックなどとにかく何でも揃っています。

バリ島の代名詞でもある美しい海にふれる時間は是非ともオススメしたいです。
そして同時に、水平線にゆっくりと沈んでいく夕日の美しさも絶品です。

クタビーチ


おすすめ観光地

ビーチ以外にももちろんオススメできる観光地がたくさんあります。
クタからタクシーで1時間少々のところにあるバリ島の北中部にある「ウブド」という街には「ライステラス」という世界遺産を始め、緑の自然豊かな風景が広がっています。

それ以外にも「スミニャック」というオシャレな街だったり、「ジンバラン」や「サヌール」、「ヌサドゥア」という地域も必見です。

同じバリ島でも場所が少し異なるだけで海の色が違ったり街の雰囲気が違うというのも楽しめるポイントの一つです。

そして、南部にある「ウルワツ寺院」は私自身絶対的にオススメしたい場所なのですが、ここの「バリ舞踊」は必ずみたいものです。
「バリの文化」を感じられる時間です。
個人で行くのが難しければ当日限りのツアーに参加することもできます。

ウルワツ寺院

また、バリ島は全体的に渋滞がかなりの確立で発生するということから、タクシー以外にもレンタルバイクもオススメします。

1日平均600円ぐらいで自由に運転できるので、遠方に行くという場合以外はスケジュールを組んだ上でレンタルバイクを利用するのもいいと思います。
身分証明書をその場で提示するだけで簡単に借りることができてしまいます。


おすすめ情報

そして、楽しみの一つとして必ずあげられるのが「買い物」です。
バリはクレジットカードが使えるところもありますが、「ほとんどの店で使える」というわけではないので少なからず持ち合わせの現金は用意しておいた方が良いでしょう。

ただ、現地通貨の「インドネシアルピア」は「ゼロがとにかく多い」というのが特徴です。
慣れない内は計算に時間を費やしてしまいますが、「ゼロを2つとった80%が日本円の金額」と思っておけば良いと思います。

オススメの食事はインドネシア風の焼きそばである「ミーゴレン」とインドネシア風炒飯である「ナシゴレン」です。
米や麺を炒めた上に東南アジア独特の香辛料で味付けされているのでやみつきになってしまうほどおいしいです。

そのほかインドネシア風の焼き鳥である「サテ」やフルーツ全般的にとてもおいしい物が揃っています。
ただ、フルーツは衛生面などもあるので屋外で売られている物よりも屋内で売られている物をオススメします。

日本と違い、水道水は飲めませんのでご注意ください。
また、物価自体も日本よりずっと安いので「お金を掛けずに色々なおいしいものを食べられる」という食の楽しみもあります。


バリ島の治安問題

そして、海外旅行でどうしても気になるのが治安です。バリ島の治安は決して良いとは言えません。

ただ、北中部のウブドに関してはかなり治安が良いと言われていますが、クタ、とくにメイン通りである「レギャン通り近辺」はかなり治安が悪いです。

夜に出歩くことは絶対禁物で、スリや置き引きだけではなく強盗にも注意が必要といえます。

ただ、不用意に鞄の開け閉めをしたり、高価な装飾品を身につけたりせず、夜はできるだけ歩かないなどの注意事項をしっかり守っていればそういった被害に遭うことはないでしょう。

日本からも簡単に行けてしまい、且つ、日本にはない文化や雰囲気、そして何と言っても美しい海があるという非日常なリゾート地「バリ島」を私は実体験から絶対的にオススメしたいです。

食べ物のおいしさ、海の綺麗さ、人の優しさなど忙しい日本の生活を忘れさせてくれて心が癒され、最高の時間を感じさせてもらる旅になること間違いなしだと思います。


↓↓海外旅行に行くならコチラ↓↓
 ■合わせて読みたい旅行記事はコチラ↓↓






ー プロフィール ー

サイト管理者:NY
趣味:旅行・読書・テニス
サイトの更新情報や日常などの些細なことをTwitterでつぶやいています。
皆さまに役立つ情報を発信していきたいと思いますので、フォローよろしくお願いします。


関連サイト