福岡のおすすめ旅行・観光地
大学の卒業旅行として行った博多・別府旅行



友人と新幹線で贅沢旅行

15年前というかなり昔の話です。
大学生から社会人へと移行する時期に、当時は気の合う友人であった男友達3名で、博多と別府へ大学の卒業旅行に行きました。

社会人になってからの僕には、とりたてて楽しめたという記憶がないので、楽しめた時間といえば学生時代まで遡ることになってしまいます。

時期は2月で、すごく寒かったことを覚えています。
名古屋から博多まで、新幹線を利用していきました。
時間は名古屋・博多間を新幹線で行く際にかかる時間で、料金も名古屋・博多間の新幹線利用にかかる料金が発生しました。
具体的な時間と料金は覚えていません。

まだ学生身分であったので、新幹線の利用代金は高く付くのに贅沢な移動手段だったかとも思います。
今思えばもっと節約する方法で行くべきだったのかもしれません。

勤勉な学生時代を過ごさなかった為か、 何か行ったりする際に調べるという行動をとれなかったことが原因かなと反省があります。


博多でラーメン巡り

まず博多に行き、2泊した後、別府へ移動し、そこで1泊して、再び博多で1泊したという風に記憶しています。
特に綿密な計画を立てていった旅行ではなく、行きたいところをアバウトに決め、後は現地に到着してから、個々人の行きたいところへいきあたりばったりでいくという旅行でした。

あまり、褒められたやり方ではなかったことは自覚しています。
只、当時はあまり深く考えず、その場の空気感に従って、気ままに行動するという事がとても好きでした。

博多では、何と言っても豚骨ラーメンがとても美味しかったです。
博多名物としてとても有名なので、ほとんどの博多観光客が食することになると思うのですが、僕もはるか昔の記憶なのに、いまだに博多で食べたラーメンが1番美味しかったラーメン になっています。

ラーメン店の店名は、かなり昔の事になるのでさすがに記憶が曖昧ですが、図書館で借りた博多のガイドブックに載っていた「しばらく」という店の豚骨ラーメンが非常に旨かった印象が強いです。

15年も前の事なので、今も店自体あるのかは全く不明ですが、博多に着いて最初に食べた豚骨ラーメンがその店になります。
店内は汚れが目立ち、今考えても衛生面などの配慮はされてなかったのですが、食べた豚骨ラーメンは衝撃的な旨さでした。

初めて博多で本場の豚骨ラーメンを食べた時のことなので、冷静に思い直せば他の店の豚骨ラーメンを食べていても同じ様な感想を持ったかもしれないとは思います。

他にも2〜3軒程、当時のガイドブックに載っていた豚骨ラーメン店にいきましたが、どの店の豚骨ラーメンも美味しかったです。
中州にある屋台街もにぎやかで、華やかな街の印象が記憶に残っています。

屋台の利用もしましたが、名物を食べるというよりお酒を飲む場所だった様に思います。
男のみでの旅行でしたので、見方によればさみしいと思われてしまうかとも思いますが、逆に男のみでの旅行だからこそ楽しめる観光スポットもあります。

夜の中州は、そういう欲望を満たすことができる所もたくさんありました。
もちろん、それはおまけとしての楽しみで、当時は知らない街や地域で、その地方の名物を気兼ねなく楽しむことができていた時期だったので、楽しかった時間として今も覚えています。


別府温泉

その後、別府で温泉に浸かることを主な目的として行きました。
ここも有名な観光地なので多くの人が知っている場所です。

日本でも有数の温泉地、別府温泉です。
滞在していたのは1日のみであったので、温泉に入ったところは2か所のみでした。

別府温泉

ひとつは外観が廃れていましたが、原泉かけ流しという謳い文句のあったところ、もうひとつはよく観光客が利用するであろうオーソドックスな温泉施設です。

正直なところ、温泉の泉質などのことはよく分かりません。
なので、今振り返ってみても、温泉の良し悪しは語れません。

温泉街というだけあって、至る所からお湯が湧き出ている別府の地は、ガイドブックの写真でもよく使われる風景なので、実際に自分の目で見ることでも楽しめると思います。

ちなみに、別府の夜景も観光スポットとあったので実際に行ってみました。
しかし、残念ながらこちらは男のみの旅行者が行くと虚しいだけでした。
周りはカップルばかりで、さすがに居ずらさがあってその場所からは早々に退散しました。

別府湾の夜景

通常のお湯の温泉だけでなく、砂風呂として楽しむことなどが当時から出来たので、観光地として充分楽しめるスポットだと思います。


旅行は心の底から楽しむ

宿泊にはビジネスホテルを主に使用していました。
まだ、インターネットを携帯電話から使用するというのがあまり知られていない時代でしたので、現地でその日泊まれるビジネスホテルを飛込みで探していました。

僕の旅行の楽しみ方の大前提は、人生を楽しく感じられている時である事です。
不思議なもので、社会人になってから社会の洗礼を受けた?のかは分かりませんが、人生を楽しめなくなっている時に旅行に行ってもちっとも楽しめませんでした。

個人的には15年前に行った博多と別府への旅行は楽しかったですし、おすすめできる観光スポットも多いので他の人が行っても充分楽しめるはずです。

ですが、行く人が楽しめる状態になっていないとどんな旅行であっても本当には楽しめないのではないかなと思います。
言ってしまえば、どこへ旅行をするにしても行く人が楽しめるのであれば、そこにこそ旅行をすることの意味がある様に思います。

↓↓国内旅行に行くならコチラ↓↓
 ■合わせて読みたい旅行記事はコチラ↓↓





ー プロフィール ー

サイト管理者:NY
趣味:旅行・読書・テニス
サイトの更新情報や日常などの些細なことをTwitterでつぶやいています。
皆さまに役立つ情報を発信していきたいと思いますので、フォローよろしくお願いします。