ドイツのおすすめ旅行・観光地
車好きならミュンヘンとシュツットガルトは外せない!



ドイツ3泊5日の弾丸旅行

先日、ドイツミュンヘンとシュツットガルト旅行に行ってきました。

3泊5日という弾丸旅行でしたが、ミュンヘンとシュツットガルトは車好きの方には絶対1度は訪れていただきたい所ですし、意外とサクッと行けてしまうところなので、オススメです。
下記の旅行記が参考になればと思います。


ミュンヘンの街並み

大阪からドイツまでの交通手段

私は大阪府に住んでいるので、関西空港出発でミュンヘン空港(正式名: フランツ・ヨーゼフ・シュトラウス空港)着の飛行機を探しました。

あまりお金がなかったのでなるべく安い便を検索したところ、中国国際航空の便が最安値でなんと往復82,000円という激安価格でした!
普通ヨーロッパ圏に行こうと思うと安くても18万円程度はするイメージだったので、正直驚きでした。

しかし中国国際航空の口コミを調べるとあまり良くなく、遅延は多いしスタッフの対応は悪いしご飯は美味しく無いという内容でした。

正直かなり心配でしたが、実際乗ってみると意外と大丈夫だった!という印象です。
遅延はなかったですし、スタッフの対応もそこまで悪くは無かったです。

ご飯は元々期待していなかったので搭乗前に美味しいものをたくさん食べて、機内食はほぼ食べずにお酒を飲むのみということにしていました。価格の安さを考えると充分だと思います。

フライト時間は北京で1度乗り継ぎが必要で、関西国際空港から北京まで3時間、北京で4時間程度乗り継ぎ待ちをし、北京からミュンヘンまで10時間という長旅でした。


ミュンヘンとシュツットガルトのオススメスポット

今回の旅の目的はズバリ、車のミュージアムを巡ることとドイツ料理・ビールを満喫することです。

まずミュンヘンにはBMWのミュージアムがあります!入場料は10ユーロで、BMWのレアな車など色々見ることができます!

ミュンヘンのVMWミュージアム

また、シュツットガルトにはポルシェミュージアム(入場料8ユーロ)とメルセデス・ベンツ博物館(入場料10ユーロ)があります!

個人的にはポルシェミュージアムが1番おすすめですが、メーカーによってミュージアムの構成やカラーが異なるので、せっかくなら3箇所すべて周られることをおすすめします。ミュンヘンとシュツットガルトは高速鉄道で2時間程度かかるのですが、のちほど予約方法も解説します。


ドイツ国内の移動(短距離)

ミュンヘンの空港からの移動は電車で行くのが一般的です。ホテルやその他の観光地に行く事を考えると1日電車や地下鉄乗り放題チケットが13ユーロで、駅の券売機で購入できます。

券売機は英語表記に出来るので、ドイツがわからなくても大丈夫です!
また、支払いもクレジットカードが使用できます。ドイツの電車は割と綺麗なので1人でも安心して乗れます。また、日本と違って改札がありません。(最初びっくりしました!)

言ってしまえばチケットを購入しなくても乗り降りできてしますのですが、たまに車掌さんが電車内を巡回していてチケットの提示を求められるそうです。(私はまだ提示を求められたことはないですが)

その際、もしチケットを持っていないと違約金として通常料金よりかなり高額な料金を請求されるそうです。
海外での無用なトラブルを避けるためにもチケットはちゃんと購入しましょうね。


ドイツ国内の移動(長距離)

また、ドイツには日本で言う新幹線のような長距離を移動できる高速鉄道があります。私も今回ミュンヘン〜シュツットガルト間をこの高速鉄道で移動しました。
所要時間は約2時間です。

市内を移動するためのチケットは現地購入で問題ありませんが、高速鉄道については事前にチケットを予約しておく方が安くスムーズに移動が可能なので、事前に予約しておくことをオススメします。”DB bahn”と検索するとドイツの高速鉄道のホームページにアクセスできます。

最初開くとドイツ語なので焦りますが、サイトの右上に英語に切り替えるボタンがあるのでとりあえず英語表記にしましょう。

その後、出発地点と到着地点、日時とだいたいの時間を入力すると電車検索ができます。座席には一等車と二等車の2つのグレードがあります。日本の新幹線でいうグリーン車と普通車という感じでしょうか。私は二等車にしましたが、普通に綺麗で快適です。

チケットはホームページでクレジットカード決済が可能で、オンラインチケットになっています。登録するメールアドレスにPDFで届くので、車内で巡回してくる車掌さんにそのPDFを見せるか、事前に印刷して持って行くと確実です。


ドイツの名物、美味しかった食べ物

ミュンヘンの名物はまずは白ソーセージで、お湯に入った状態で出てきます。

ミュンヘンの白ソーセージ

また、煮た豚肉にポテトが添えられたものも名物です。ポテトはボール状になっており、謎のモチモチ感があって美味しいです。
ソーセージもプリプリでとっても美味しいのでおすすめです!

また、ビールは白ビール(ヴァイスビアといってみてください)が少し個性的で美味しいので、ぜひ試してみてください。メニューはドイツ語がわからなくても、観光地ならだいたい英語メニューもおいてあるので、英語メニューください(Can I have English menu?)と言えばだいたい持ってきてくれます!


↓↓海外旅行に行くならコチラ↓↓
 ■合わせて読みたい旅行記事はコチラ↓↓






ー プロフィール ー

サイト管理者:NY
趣味:旅行・読書・テニス
サイトの更新情報や日常などの些細なことをTwitterでつぶやいています。
皆さまに役立つ情報を発信していきたいと思いますので、フォローよろしくお願いします。