岐阜のおすすめ旅行・観光地
懐かしい気持ちになる岐阜県



2泊3日岐阜の旅

世界遺産白川郷や下呂温泉のある岐阜県を旅先に選んだ話です。

■岐阜県2泊3日の行程。
・1日目は、高山駅着、下呂温泉観光。
・2日目は、白川郷、モネの池観光。
・3日目は、高山観光。

  • 交通手段:新横浜駅から新幹線とJRを乗り継ぎ岐阜県高山駅まで約4時間
  • 料金:交通費と宿泊費込みで4万5千円程
  • (お土産や移動費、観光費、食事代、レンタカー代含めて2泊3日で7万円程)
  • 宿泊地:高山駅から徒歩5分の旅館「山の庵」(朝食込み女子3名)
  • 行った時期:9月下旬

  • 温泉を満喫、下呂温泉

    下呂温泉に向かう前に、高山駅で高山ラーメンを食べました。
    お蕎麦みたいな味わいでした。

    下呂温泉は、見るからに温泉街で雰囲気がとても良いです。至る所に足湯があり無料で入れます。
    下呂駅観光案内所で日帰り入浴が可能な温泉のマップを入手できます。
    9月の3連休と言えど人が少なく、露天風呂等ほとんど貸切状態です。

    畳の休憩所も用意されています。温泉でのんびりしているうちに日が暮れたので、飛騨牛の食べれる食事処へ行きました。
    牛丼を食べました。夜の温泉街はライトアップされ、これまた風情があります。川辺を散歩するのがオススメです。

    下呂温泉の画像

    観光地白川郷とモネの池。夜の飲屋街もオススメ

    白川郷へは、混んでいない早い時間帯に行くのがオススメです。
    私はレンタカーを借りて行きました。高山からは車で1時間半ほどです。

    お昼前と早めに着いたので、人はまだまばらでした。有名な合掌造の家が至る所に点在しています。
    国内旅行は30県以上行きましたが、岐阜県の白川郷が今の所第1位です。何より景観が良いです。
    白川郷の住人が日常を過ごしているのに、私達には非日常に見えてギャップがとても面白いです。
    田んぼと川と山しかない。日本の懐かしい風景がまだまだ残っています。

    合掌造の家の中でも、大きな家で観光名所化されているものは中に入れます。
    2階部分は蚕を育てる空間になっており、木造建築の内部が間近で見れます。
    また窓から外の景色を見ることも可能です。

    白川郷のフォトスポットはたくさんありますが、1番は山の上の展望台から見下ろす白川郷です。
    そこに行くには、麓から出ているバスに乗ります。
    100円を払って頂上まで10分程で行けます。展望台から見下ろすと、山に囲まれた白川郷が一望できます。

    白川郷の景色

    特に冬の時期は、雪に覆われた白川郷を撮影するために、三脚がずらりと並ぶようです。
    私も何枚も写真を撮りました。また展望台のそばにある屋台で食べた飛騨コロッケがとても美味しかったです。

    帰りは歩いて下山しました。午後になると、人が増えていてお土産やさんの多いメインロードは歩くのも大変でした。
    ですが、田んぼの中のあぜ道を歩くと人も少なく、高い空や涼しい風など日本の夏が感じられて良かったです。


    郡上市の方にあるモネの池

    モネの池は、インスタグラムで一躍有名になった、あるお寺の池です。
    池の水の色と鯉の姿がモネの描いた絵に似ているのでモネの池と呼ばれるそうです。カーナビに出てこないので大変でした。
    また途中一方通行の峠道を通るので、車の運転に自信がない人は向かうのを辞めた方が良さそうです。

    現在、車以外でたどり着く術はありません。モネの池は、確かにとても綺麗でした。
    ですが、実際はただの池に大勢の人が集まっているので、なかなか写真が撮れません

    インスタグラムの影響力はすごいなぁと思いました。撮った写真を加工してあげているようです。加工をすると確かに絵画のように美しい写真になりました。

    モネの池の画像

    夜は飲屋街へ繰り出しました。宿から歩いて5分ほどで、10店舗以上のお店が連なる飲屋街があります。
    餃子がとても美味しかったです。飲食店ではないですが忍者屋敷のようなものがあり、弓道を体験できました。店員さんが忍者服を着ており、記念撮影ができました。


    飛騨高山の古い町並み観光

    高山は朝市が有名です。川に沿ってたくさんのお店が出ます。
    また飛騨高山の古い町並みを歩いて観光するのもオススメです。

    飛騨牛の握り寿司が有名で、レストランから屋台のようなあらゆる飲食店で食べれます。
    特に、トロ、赤身、ネギのせの3種類で売っている飛騨牛の握り寿司が美味しかったです。古い町並みは、歩いているだけで楽しめます。

    お土産屋さんが多く、メインはサルボボのようでした。
    サルボボの人形からサルボボモチーフのタオルや文具までたくさんのお土産がありました。

    他にはインスタントの高山ラーメンが人気のようです。また映画『君の名は』の舞台でもあるため、映画関連のグッズもたくさんありました。


    旅行を終えて

    今回は回れませんでしたが、岐阜県は他にも郡上八幡城やロープウェーなど、観光名所がたくさんあります。
    日本の原風景が色濃く残っており、とてもリラックスできます。

    私は晩夏に行きましたが、やはり冬がオススメのようです。
    雪の積もった合掌造と冬の日本を見に、また白川郷をはじめ岐阜県に旅行しに行きたいと思います。


    ↓↓国内旅行に行くならコチラ↓↓
     ■合わせて読みたい旅行記事はコチラ↓↓






    ー プロフィール ー

    サイト管理者:NY
    趣味:旅行・読書・テニス
    サイトの更新情報や日常などの些細なことをTwitterでつぶやいています。
    皆さまに役立つ情報を発信していきたいと思いますので、フォローよろしくお願いします。