神奈川のおすすめ旅行・観光地
鎌倉〜彼女の思い出の地へ〜



彼女と鎌倉へ

彼女の出身地である鎌倉へ先日彼女と行ってきました。
現在住んでいる場所から電車を乗り継ぎおよそ2時間前後であり、決して遠くはないのですが、私は行ったことがありませんでした。

お寺や大仏がある程度の知識しかない私はワクワクしながら現地へ向かいました。
鎌倉駅を降りてすぐ左手にある小町通りへまず向かいました。

左右に出店のある商店街で、私の地元のシャッター商店街とは違い、活気のあるその様から私の地元の商店街もそのような時代があったのかなと物思いにふけったりもしました。      

小町通りの画像

そんな中、小町通りの中にあるコロッケ屋さんで2人でコロッケを食べました。
紫芋コロッケが売っていたので、お互い好物だったため迷わず購入。

味は大正解。甘みは控えめでジャガイモのコロッケより少しだけ甘みを感じる。
店は少し古風な店であり、休日の為か10分ほどの列

商店街の古風な店で列が出来ているのを地元では見たことがなかったので、今現在生きている商店街も悪くないなと思いました。
叶うならば地元の商店街も活気が戻り、小町通りのような商店街であったならば、地元をもっと好きになるかなと思いました。

小町通りでは次にわらび餅を食べました。
目の前でわらび餅を切り、串に刺して手の上に乗せるための紙を置いた上で提供してくれます。
金額はおよそ一本200円程度だったかと思います。普通のわらび餅かと思いきや、生わらび餅であった為、柔らかさが違うなと。
プルプルで串の下に紙を敷いて提供してくれた理由がわかりました。

まず、きな粉がこぼれます。そのくらいしっかり商品として手抜きせず提供してくれます。
次に生わらび餅であるため非常に柔らかい。気をつけて食べないと串から千切れそうになります。

味は非常に美味しいです、小町通りに1度行くならば是非食べていただきたいです。
小町通り、初めて行きましたが人情味溢れる良い場所だと思いました。




小町通りを抜け、お昼ご飯。
小町通りを抜けた先にある天ぷらの店へ。彼女が学生の頃よく来ていたようで味は確かとのこと。私は天丼。彼女は小天丼とそばのセット。

私の天丼は白身魚、エビ、野菜など色とりどりの天ぷらに彩られ、非常に食欲をそそりました。初めての店でしたが非常に満足。
お互い1000円を切る価格でのこの味に舌鼓。また来たいねと店を後にしました。

天ぷら屋さんを出て3分ほどの場所、有名な鶴岡八幡宮へ来ました。
ネットでも評価が高く、名前だけは耳にした方も多いのでは?出店も出ており、昼食後ではありましたが私達はぶどう飴を食べました。1本100円程度で甘くて美味しかったです。

鶴岡八幡宮のど真ん中では結婚式が行われていたようで、あっけにとられてしまいました。凄いねと話しながら、先へと進みお賽銭へ。

事前に用意していた5円で願い事。神社内風情のある景色が多く、人気の理由がわかりました。
その後に高徳院など他の大仏が観れるスポットを周り、翌日の江ノ島へと思いを馳せ睡眠をとりました。


翌日は江ノ島へ

ホテルを出て江ノ電で鎌倉駅に向かいました。
街中を走る珍しい電車との事で、私は初めての体験でした。

ここだけの話、私は埼玉生まれ、埼玉育ちなもので車窓からの風景、及び街中で海を見ることがありません。
電車に乗りながら見える水面に、ああ、これが江ノ電なのだなと。みんなが来たがる理由が分かる気がしました。

そんなことを思っていたら江ノ島へ到着。
30分前後ぐらいで到着したのでそこまで遠くはないです。

駅から江ノ島へ行くために通る橋には、潮風とともにカモメがユラユラと飛んでいます。絵を売っている方もいます。非常に風も強かったです。潮風や絵を売っている人、地元との差にこんな場所もあるのかと思いました。

江ノ島に着いてからは江ノ島灯台、江ノ島神社、恋人の丘、江ノ島岩屋洞窟を目指しました。
江ノ島灯台は高さも非常に高く、街並みを綺麗に見ることができ、またしても風が強い。
帽子などかぶる方は気をつけた方が良いでしょう。
展望台へは外の階段かエレベーターが選べます、エレベーターの方が無難だとは思います。

江ノ島灯台の画像

恋人の丘

2人で鐘を鳴らすことができます。
金を鳴らすところを撮影できるようなスマホスタンドが常設されていますので、スマホを置いて、時間指定して写真が撮れるようにすると良いでしょう。

そのまま先へ行くと江ノ島岩屋洞窟
洞窟内を散策できます、所々頭上注意ですね。
30分前後はかかりますが、時間がある方は洞窟の中をブラブラするのも楽しいかと思います。

そして最後に江ノ島神社へ。
神社にこの旅行で3、4回前後願い事をしているため、そろそろ願いたいことがなくなって来ました。
車酔いが激しいので酔わなくなりたいな、なんてここで願う事?みたいな事を願っていました。そのおかげか?帰りは酔いませんでした。行きは酔ったのに。

私達はその日そのまま帰路に着きました。
初めての鎌倉旅行。思った以上に楽しかった。
これからも充実した旅行へ行くべく下調べをし、鎌倉旅行以上に楽しい旅行にまた行きたいと思っています。


↓↓国内旅行に行くならコチラ↓↓
 ■合わせて読みたい旅行記事はコチラ↓↓






ー プロフィール ー

サイト管理者:NY
趣味:旅行・読書・テニス
サイトの更新情報や日常などの些細なことをTwitterでつぶやいています。
皆さまに役立つ情報を発信していきたいと思いますので、フォローよろしくお願いします。