高知のおすすめ旅行・観光地
家族で高知県へ行き、民宿に泊まりました



ゴールデンウィークに家族で高知へ

私は現在37歳の専業主婦で、主人と小学2年生になる娘の3人家族です。
私たち家族は国内も海外も旅行をすることが趣味で、毎年1回は海外旅行を、ゴールデンウイークや3連休などには国内旅行をよくしています。
その中ですごく良かった旅行先は数年前のゴールデンウイークに訪れた高知県です。

私も主人も高知県へは行ったことがなく、いつか行ってみたいと思っていたものの、私たちの住む関東からは遠く、知り合いもいないので行く理由がなかなか見つけられず避けてきました。

しかしちょうどANAのマイルが貯まって家族分の国内航空券と交換できそうだったので、どうせなら気合を入れないと行けないような先に行こうとなり高知県に決定しました。

この旅行のスタートはまずマイルを特典航空券に交換するところから始まりました。
ゴールデンウイークなどの繁盛期は本当に航空券予約が難しくて、2か月前から予約可能となるため、旅行予定2か月前にはパソコンにかじりついて予約しました。

無事航空券をゲット出来たので、次に宿泊先の予約に取り掛かりました。私たちは民宿が大好きなので今回も民宿を予約しました。


現地での交通手段

初めの2泊は高知市内に、その後3泊を四万十市まで移動してそちらで過ごす5泊6日の旅を計画しました。
現地での移動は、高知空港到着後は高速バスで高知駅まで行き、高知市内では公共交通機関を利用しました。

3日目からレンタカーを借りて四万十市まで行き、最終日に空港で返却するパターンにしました。
高知市内での過ごし方は、娘がまだ小さかったので観光ばかりと飽きてしまうので公園に連れて行きました。

「わんぱーくこうち」という所に行きましたが、無料なのにもかかわらずアスレチックがあったり、動物がいて触れ合えたり、有料にはなりますが小さな遊園地のようなアトラクションもあって子供連れにはお勧めスポットです。

すごく広い公園でお弁当を広げている家族連れも多く見かけました。
娘も大興奮で遊んでいました。

また宿が桂浜まで歩いていける距離にあったので、時間があれば浜を散歩したり、有名な坂本龍馬像を見に行きました。

高知駅からバスも多く出ているので車無しでも過ごせましたが、子供もいたので車があった方がもっと自由に動き回れてよかったかなと思います。

桂浜

四万十市内観光

3日目に高知駅付近でレンタカーを借りて四万十市まで移動しました。
四万十市までは100Kmほどありますが、私たちは下道も使いながらのんびり移動しました。
道の駅に寄って地元の特産品やお土産も買いました。

高知土産では芋けんぴやミレービスケットが有名で、試食で色々な味の芋けんぴを頂くことができ、娘も美味しいと言って食べていたのでたくさん購入しました。

またとても驚いたことがあり、道の駅の食堂でカツオのたたきを藁で焼いていました
炎もぼぉぼぉ上がって、煙もモクモクなっていました。

高知といえばカツオのたたきですが、私はあまり好きではありませんでした。
しかしたった今藁焼きされたカツオのたたきとは出会ったことがなかったのでいただくことにしました。

食べてビックリでした。美味しいんです。本当に美味しかったんです

藁で焼かれたことで鼻と口に広がる香りがよく、苦手な生臭さもなくて感動しました。
主人もこんなカツオのたたきは食べたことがないと言ってモリモリ食べていました。
旅行では素晴らしいい地元名産の物と出会えるので最高です。

四万十市内では、清流として有名な四万十川を一度拝んでみたい川沿いを歩きました。
そして沈下橋というものを初めて見ました。

増水時に水の中に沈んでしまうため欄干がないのですが、沈下橋の上を歩くと欄干が無いだけで不安定で不思議な感覚でした。

四万十川にはたくさん沈下橋がかかっていますが、その中でも有名な佐田沈下橋も見に行きました。沈下橋として最長で圧巻で、たくさん観光客もおり、みんな橋を歩いていました。


四万十市のおすすめ宿泊先

そしてこの四万十市で一番お勧めしたいのが私たちが泊まった民宿です。
農家民宿「里山」で3泊お世話になったのですが、古民家1棟を貸し切りにして使わせてもらえます。

田舎のおじいちゃんおばあちゃんの家に来たような感じで、縁側で座っていると癒され疲れも取れます。
五右衛門風呂もあり、私にとっては初体験である意味新鮮でした。
ここは地元出身のご夫婦で営まれていますが、優しい雰囲気の方々で娘もすっかり懐いていました。

朝夕2食出していただきましたが、地元の食材を調理してボリュームも満点で本当に美味しかったです。

もう少し後だと蛍も見られるし、夏だと庭で水遊びも出来るからまたおいでと言ってくださり、絶対にまた来ますと言ってお別れしました。
民宿では地元の方とも触れ合えますし、地元料理も味わえますし、料金も比較的安く済ませられるので最高です。

今年のゴールデンウイークに久しぶりに高知県へ行く予定です。
娘は幼かったこともありあまり高知の思い出を覚えていないようでこの旅行をすごく楽しみにしています。

自然豊かで景色もよく、美味しい食べ物もたくさんあります。
もし高知県に行ったことがない人がいたら、ぜひ訪れてもらいたいです。


↓↓国内旅行に行くならコチラ↓↓
 ■合わせて読みたい旅行記事はコチラ↓↓






ー プロフィール ー

サイト管理者:NY
趣味:旅行・読書・テニス
サイトの更新情報や日常などの些細なことをTwitterでつぶやいています。
皆さまに役立つ情報を発信していきたいと思いますので、フォローよろしくお願いします。