京都のおすすめ旅行・観光地
何度行っても魅力的な京都



2泊3日真夏の京都旅行

国内の旅行が好き、結構な数の都道府県を訪れました。
中でも何度行っても飽きないところ!京都です!
日本人にも外国人にも人気の場所です。

今回行った時期は、真夏の京都で2泊3日でいきました。
「夏の京都は盆地だから暑い!」というのは有名で、今まで行ったことがある時期は紅葉の時期が多かったですが、今回は夏季休暇を利用しての真夏の京都にチャレンジしてきました。

その年はちょうど猛暑が続く異常気象で、旅行に行ったときも連日の猛暑続きでカンカン照りの3日間でした。

交通手段は新幹線でおよそ2時間程、往復で2万5千円程かかりました。


1日目

2泊3日といえど、時間は無駄にできません!
めちゃくちゃ濃密スケジュールで念入りに計画を立てました。
まず京都駅に到着したら、1泊目予定の駅前のホテルに荷物を預けます。(荷物をあらかじめ預けられるホテルを選びました)

身軽になってから、有名なつけ麺屋さんへ。
さすが、オープン前から並んでます。…実は本命のラーメン屋さんがあったのですが、ちょうどその日は定休日ということで、その近くにある有名なところへ。

叡山電鉄を乗り一乗寺駅にある「つけめん恵那く」です。
なんだかお上品な味がしました。さすがはんなり京都です。

ここから、向かうは祇園。すでに35度を超え38度予想の酷暑の中、祇園祭が開かれてるにぎやかな祇園へ!
ド平日なのに人が多い!にぎやかでした。

八坂神社から、祇園の街並みを探索し、鴨川を見たりと…暑い暑い言いながら、タオルと水分を片手に歩きます。
サングラスと日焼け止めがかかせません。たまに日陰でぐったりしている人も少々…危険な暑さです。

おやつは「茶寮都路里 祇園本店」にて、パフェとかき氷を堪能しました。これもすごい行列…さすが、有名店です。
この2品はめちゃくちゃ美味しかった!並んだかいがありました。

そのあとは清水寺へ。坂を真面目に上っていきます。もう汗のかきすぎで、ベタベタ。無言…。
改装中で綺麗な状態はみれませんでしたが、大満足でした。
そして、1泊目の宿へ戻り、ビアガーデンを楽しんで、死んだように眠りました。

清水寺の画像

2日目

2日目はまず「金閣寺」へ!ちょうど外国人の団体客がいて、異国にいたような気持ちになりました。
安定のキレイさです。そして午前中にも関わらず既に、35度は超えています。暑すぎますがだんだん麻痺してきました。

そして、「嵐山」へ!嵐山は見るところがたくさんありますね!
まずは腹ごしらえと、これまた有名なお店「うなぎ屋 廣川」超有名店!とのことで、この旅行で一番の行列にならびました。

待ってる間、おなかがすいたのと暑すぎて、私は一度かき氷を買いに行かせてもらいました。
並んだかいがありました。「こんなにふわふわなうなぎは食べたことがない…!」精力がつきそうです。
食べ終わったころにはもうおやつの時間。

天龍寺と渡月橋を周辺を散策して、2泊目の宿、花伝抄へ。
2泊目はちょっとお高くいいところにしました。
そのため、チェックインも早めにまったりさせてもらいリラックスして過ごしました。


3日目

3日目はいよいよ最終日です。
京都駅の方に戻り、「伏見稲荷神社」へ!
甘くみてました、めちゃくちゃ登っていくんですね。登山のつもりで着てなかったので、途中で断念しました。今度は制覇したいです。

伏見稲荷神社の画像

ほんとはもう少しまわりたかったのですが、疲れもあって京都駅でゆっくりしようということになり、お昼を食べて、お土産を物色しました。
お土産は京都駅で買えば十分だと思います。
そして帰路につきました。

正直、2泊3日でも足りない印象です。
3泊以上必要な魅力的な場所だと思います。

今回は、酷暑の真夏に行ってきましたが、ウワサ通りの暑さでした。
正直、私は今まで経験したことのないような暑さです。しかし、人って適応能力があるんですね。その暑さに慣れも生じてくるんです。いやはやすごい。

観光の季節として有名なサクラの季節や紅葉の季節にいくのはもちろんですが、激混みなので、逆にこの酷暑の真夏にいくのも斬新かもしれません。

すごく充実した旅行だったので、今となってはあの暑さもいい思い出になっています。
体調は崩すので、体調管理に自信がない人はおすすめできませんが…

この期間尋常ではない水分の量を取りましたが、あまりトイレは行かなかったんですよね。
全て汗となり、流れてしまったのでしょう。
恐るべし、真夏の京都です。

今度行く機会があったら、4泊はしたいと思います。
また綿密のプランを練って無駄にしないように行きたいです。


↓↓国内旅行に行くならコチラ↓↓
 ■合わせて読みたい旅行記事はコチラ↓↓






ー プロフィール ー

サイト管理者:NY
趣味:旅行・読書・テニス
サイトの更新情報や日常などの些細なことをTwitterでつぶやいています。
皆さまに役立つ情報を発信していきたいと思いますので、フォローよろしくお願いします。