上海のおすすめ旅行・観光地
上海ローカル穴場 七浦路服飾市場



七浦路服飾市場店と呼ばれる服飾の問屋街へ

上海のテレビ塔や、おしゃれな外灘の夜景、歴史ある豫園に行き飽きた方に今回私が一度は行っていただきたいのが、七浦路服飾市場店(チープール―)と呼ばれる服飾の問屋街です。

外灘からも頑張れば歩ける距離なのですが、地下鉄10号線の天潼路駅で降りると改札をでて階段を上がると目の前全てが服飾市場です。

その名の通り、チープなお洋服やアクセサリーがたくさん置いてあるお店の集合体
大阪の方は堺筋本町駅にある、船場やファンビ寺内をイメージしていただくとわかりやすいかもしれません。

ここは、中国国内の地方からも洋服の買い出しに訪れる人がとても多く、私が朝から行った時も、巨大なスーツケースを複数持った人や、観光バスから大勢のお客さんが観光のように降りてくる場面を何度も目にしました。

その為インスタ映え、フォトスポットの観光地に行きたい方のニーズにはこたえられないのですが、普段と違う空気を楽しめます。


上海でびっくりしたこと

すこし前述したとおり、七浦路服飾市場店は、小さいアパレルのお店が何百件と集まって一つの集合体のビルになってます。

ぱっと見は、若者の街・原宿に見えないこともないですが、(実際に東京や渋谷、木村といった日本に関係する名前のお店も目にすることができます)日本の109のカリスマギャル店員や銀座のスマートな店員をイメージしていると、カルチャーショックに愕然とします。

●びっくりその1:店員がタッパーに入ったごはん食べながら、座り込んでいらっしゃいませと言う。
あるいは雑談やスマホを触り、自分に目もくれない。
食事をしながら店頭に立つ姿はアジア圏ではよくある風景なのですが、初めて見たときは本当にびっくりしました。

●びっくりその2:洋服の在庫を床に重ねて置く店舗がある(一部です)
歩きスマホをしながら歩くと、本当に商品を踏みかねません。
どうして裏に置かないのか謎なのですが、スペースがないのでしょうか?

●びっくりその3:18禁のお店に来たかな?と錯覚するぐらい、生地の薄い、スケスケエロエロな衣装を置いている店がある(こちらも一部です)
カッターシャツはまるでドン○ホーテに売ってるコスプレでした。


中国の量販店

とはいえ、日本や海外に輸出する段階で、検査で跳ねられたB級品や売れ残り品も安く置いてあったりするため、中にはボタンなどが欠けている服もあります。

私が買った服は、ボタンはついていたのですが、まさかのボタンホールがありませんでした…。
そのため、買う前にしっかり確認しても失礼にはなりません。
もちろん試着もできます。

試着は、小学生のころにプールで着た巻き巻きタオルを付けて、その場で着替える場合や、ちゃんと日本のように試着室へ案内していただける場合など店舗により対応は様々です。

いずれも店員さんはスマホをしたり、雑談をしている場合もあるので、しっかりと意思表示をすることが大切です。

ではどうしてそんな現地に染まった、よく言えばローカル色の強い・悪く言えばサービスの悪いお店をすすめるのかというと、とにかく在庫・種類が豊富なことと安いからです。

コスプレの衣装を探している方、サイズがすぐに変わってしまう子供服を探している方に特におすすめします。
中国国内でも着ている人をみたことないような、スタッズがいっぱいついたものや、露出度の高いものや、奇抜な色の服まで、ジャンルを問わず本当にたくさん置いてあります。
推しの衣装に似た服もあるかもしれません。

手芸好きな方は、ボタンやファスナー、ベルトなどのパーツ・アクセサリーを専門に扱っているお店もありますよ。
子供服や、ペットの服、ドールの服を作りたくて記事を探している、リメイクに興味がある人も行ってみるだけでとても楽しめます。


買い物は楽しく

中国国内ではなぜか赤ちゃんに必ず靴下を履かせます。
そのため可愛い靴下や靴・外資系ブランドの服がたくさんあります。

普段日本ではためらう〇千円のこども服が1000円以下で手に入ったり、靴下が10足以上セットになって販売されているのでお土産にもぴったりです。

注意事項としては、お店は本当に広いので、(周辺すべてがアパレル街って感じです。)早朝から、歩きやすい靴で行くことをおすすめします。
日本人だと伝わると、欲しくない時計やブランドバッグ(偽物)の客引きにあうこともあるようなので、汚れてもよい服装でスーツケースはもっていかない方がおすすめです。

豫園と同じくらいスリも多いので(日本人・中国人関係なく危ない)貴重品はしっかり身に着けて、分散して持つほうがよいです。

私が行ったときは夏だったので、ユニクロのTシャツ・ジーパン・クロックス、ウエストポーチで行きました。

最後に、方向音痴な方はビビッと来たものはすぐに買った方が良いです。
店が本当に多いので、どこを歩いているのかわからなくなります。同じ店には2度と行けないと思ってお買物をした方が良いです。

では、すてきな上海旅をお楽しみください。


↓↓海外旅行に行くならコチラ↓↓
 ■合わせて読みたい旅行記事はコチラ↓↓






ー プロフィール ー

サイト管理者:NY
趣味:旅行・読書・テニス
サイトの更新情報や日常などの些細なことをTwitterでつぶやいています。
皆さまに役立つ情報を発信していきたいと思いますので、フォローよろしくお願いします。