シンガポールのおすすめ旅行・観光地
シンガポールのセントーサ島



ツアーで格安シンガポール旅行

旅行先は、シンガポールのセントーサ島です。
ツアーの申し込みで、4泊6日の旅行でした。
個人的に行ってもいいのですが、ツアーの方が格安で旅行が出来ますので、おすすめです。

交通手段は飛行機で、往復の料金は旅行代金に含まれています。
かかった時間は、10時間近くかかります。

シンガポールについて、セントーサ島で宿泊をすることになりました。添乗員はいなく現地の方が案内して下さいます。


シンガポールのおすすめ観光地

おすすめの観光地は、夜景が綺麗なマリーナ・ベイ・サンズ、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイは、昼間言っても楽しめますが、夜に見るとロマンチックさを感じられます。

マリーナ・ベイ・サンズ

お子様連れの方にはリバーサファリで、沢山の動物を見ることが出来ますので、子供から大人まで楽しむことが出来ます。夜の動物を見たい方にはナイトサファリがあります。

車に乗って移動することになりますが、夜の動物がどのように過ごしているのか知ることが出来ます。

まだまだ、観光地はあります。日本にもあるUSJは、シンガポールにもございます。
それがユニバーサル・スタジオ・シンガポールで、日本にあるアトラクションとは違いますので、十分に楽しむことが出来ます。
セントーサ島には島全体がテーマパークとなってますので、ファミリー、カップル、夫婦でも楽しめます。


シンガポールで味わった料理

私が参加したツアーは、自由行動がほとんどでしたので、行きたいところに行って楽しむことが出来たので、とても気が楽だったのです。

セントーサ島にはいろいろな料理を堪能出来ますので、あらかじめ何を食べるのか決めておくと、有意義に時間を過ごすことが出来ます。

やはり日本でも食べられる中華や和食などは、いつでも食べることが出来るので、おすすめするのは、インド料理のレストランです。

Casseroleでは、インド料理、アジアン料理などバラエティに富んだ料理を堪能出来ます。
インド料理やアジアン料理はなかなか口にしたことがない方が多いと思いますが、とても美味しい料理を堪能出来ました。

どれも美味しかったですが、インド料理のドライカレーみたいな料理がとても美味しかったです。シンガポールは、屋台が多く出ていることで有名です。
屋台で食べる料理って美味しく感じてしまいます。夜は屋台で食べることが多かったです。


宿泊先

ツアーで宿泊するところが決まってますので、セントーサ島のホテルに宿泊することが出来たので、とてもくつろぐことが出来ました。
セントーサ島に宿泊するのですが、食事が出るのは、朝食のみのなので、それ以外は外で済ませることになります。

混雑している所は苦手という方には、穴場のスポットとして、セントーサ島から離れますが、近くにパラワン島があるのですが、のどかな雰囲気で人も知っている人しか来ない所なので、穴場のスポットと言ってもいいです。

パラワン島へ行くには、吊り橋を渡ることになります。吊り橋と言っても高さは低いので、高所恐怖症の方でも安心です。
綱や鎖で支えられている吊り橋なので、揺れることは想定内に思っておくことです。
ですので、揺らして意地悪すると、他の方も迷惑するので、気を付けることです。

パラワン島

シンガポールの治安問題

海外へ行くと治安の問題がありますが、シンガポールは他の国と違って日本のように綺麗好きなのです。
道路も非常に綺麗な状態が保たれていますので、そこらへんにゴミを捨てることがないように注意することです。

安全なので、気を抜きがちですが、シンガポールと言っても外国には変わりないので、貴重品の管理は徹底することです。そうでないと、すぐに取られる場合もあります。


シンガポールに行くならこの時期

シンガポールは、10月から3月あたりまで、雨が降ることが多いので、この時期に行くと、ツアー料金も安くなります。

雨が降ると言っても一日中降るということはないので、格安で旅行をしたい方に絶対的におすすめです。
私たちが旅行をした時には、雨が降る日も少なかったですし、直射日光も当たることもなかったので、安心して旅行を楽しむことが出来ました。


シンガポールで困ったこと

困ったことは、自由時間だったので、サファリを見てみたいと思ったのですが、その時メンテナンスを行っていて休止状態で、見ることが出来なかったことが残念でなりませんでした。

観光する所をあらかじめ調べておいて、営業しているか確かめてから旅行に行くのがベストです。

ツアーに参加して、お土産を買う時間としては、帰りに買おうとすると、自由行動が出来ないこともあります。
お土産を買うのは、空港で買うのがおすすめです。

時間に余裕を持って買いに行くことが重要です。私たちもそうですが、一回の旅行ではセントーサ島すべてを見るのは不可能なので、スムーズに観光するために、計画表を立てて、誰かが仕切っていろいろ周るといいです。

一度シンガポールのセントーサ島に行った方は、再度行ってみたいと思う方も多くいらっしゃいます。
いろんな国の方がセントーサ島を観光し来ているので、多国籍いて困惑してしまいます。


↓↓海外旅行に行くならコチラ↓↓
 ■合わせて読みたい旅行記事はコチラ↓↓






ー プロフィール ー

サイト管理者:NY
趣味:旅行・読書・テニス
サイトの更新情報や日常などの些細なことをTwitterでつぶやいています。
皆さまに役立つ情報を発信していきたいと思いますので、フォローよろしくお願いします。


関連サイト